ホーム > プロキュアメント

 

  あらゆる企業活動において、調達が大きな役割を果たしています。
全体の平均では、企業は、総支出の33%をオペレーティング・リソースに費やし、直接的なリソースはさらに28%を占めています(Killen & Associatesによる)。

従来のバリュー・チェーンでは、資材は入手が困難、かつ高価であることが多く、従業員と資金が取引プロセスなどの非生産的な活動に固定され、組織の有効かつ柔軟な活動を妨げています。

新しいエコシステムにおいては、企業は、インターネットのビジネスプロセスを活用して、購買を合理化し、調達費を減少させています。
一企業内、または指定された購買グループ内で購買力を集結する新しい手法で利益を得ています。McKinsey GroupとAMR Researchによれば、インターネットベースの調達ソリューションを使用している企業は、オペレーティング・リソースと直接的なリソースの支出を28%削減できています。

企業の調達ソリューションにより、世界で1万社の、デスクトップ上での購入申請と自動化された調達プロセスのワールドワイドでの運用を可能にしようとしています。

ネットワークベースの調達サービスは、従来型、および新しい商取引サービス・プロバイダーの両方で採用され、小中規模の企業でも構築可能です。
多くの場合、これらの調達のポータルサイトは、フランチャイズ・チェーン、小売団体、または購買コンソーシアムなど、確立された購買グループのメンバーを対象にしています。
ほかの場合として、銀行、公共事業、ASPなど、新旧の顧客に新しい付加価値サービスを提供したい従来の商取引サービス・プロバイダーが開発したものもあります。新しい経済で競争力を持つためには、企業は支出をまとめ、

新しいB2Bエコノミーはあらゆるビジネスに衝撃を与え、バイヤー、サプライヤー、マーケットメーカー、および商取引サービス・プロバイダーによる新しいグローバルなシステムの形成を促進しています。
企業は、資材調達の方法、または顧客市場への販売方法、サプライチェーンにおける中間業者としての役割を変化させることにより、このドラスティックな時代の潮流へ対応しようとしています。

調査によると、
フォーチュン1000社の97%が、すでにE-コマースを確立したか、近い将来確立する予定であると答えました。89%の企業が、インターネットがビジネスにおいて劇的な衝撃を与えることを期待しています。

また、53%の企業が、B2Bマーケットプレースをすでに開発したか、開発する予定です。
(プライスウォーターハウスクーパース; フォレスター・リサーチ;  ゴールドマン・サックスによる)

B2Bコマースとは、つまるところ、バリュー・チェーンの再構築に他なりません。
企業は、競争力を維持するため、新しいB2Bテクノロジーとビジネスモデルが、サプライチェーンにおける現在のポジションに対し、どのようにインパクトを与えるかを理解しなければなりません。新しい環境に適合しようとするか、立ち後れるか二つに一つです。

新しいB2Bエコシステムは、企業に購買、サプライチェーン、および商取引サービスのプロセスを再形成するチャンスを提供します。

パドルアウト B2Bコマース・プラットフォームがそれらを実現致します。

購買プロセスページへ