ホーム > SOX

 


  企業の内部統制強化を目的に、早ければ2008年3月期にも導入される法制度のことです。
SOX法とは、 米国のSarbanes-Oxley(サーベンス・オクスリー)法という、エンロン事件をはじめとする米国企業の会計不祥事の 続出に対して、米国政府が制定し2002年7月に成立した企業改革のための法律のことをさし、同様の法制度が 日本でも導入されるため、「日本版SOX法」といわれています。
  日本版SOX法の草案は、2005年7月13日に金融庁の 企業会計審議会・内部統制部会が発表しており、 パブリックコメントを受けてガイドラインが作成されることとなっています。


  草案では、内部統制の基本的要素は大きく六つに分類されます。

1:統制環境:組織の気風を決定し、組織内すべてのものの統制に対する 意識に影響を与えるとともに、他の気温的要素の基礎となるもの
2:リスクの評価と対応:組織の目標の達成に影響を与えるすべての リスクを識別、分析、評価し、リスクに対応する一連のプロセスのこと
3:統制活動:経営者の命令や指示が適切に実行されることを 確保するために定められる方針や手続きのこと
4:情報と伝達:必要な情報が組織や関係者に適切に伝えられることを確保すること
5:モニタリング(管理活動):内部統制の有効性を、継続的に監視、評価するプロセスのこと
6:IT(情報技術)の利用内部統制の他の基本的要素が、有効かつ効率的に機能するために、業務に組み込まれている 一連のITを活用すること
  米国SOX法で採用されているCOSOキューブというフレームでは、内部統制の基本的要素は1?5までの 五つとなっていますが、経営者、取締役、監査人といった内部監査の中心となる役職者のITに関する理解が 米国も同様に未熟であるケースが多いということから、日本版SOX法の基本的要素として、 「6.IT(情報技術)の利用」が盛り込まれています。


  日本版SOX法が導入されることにより、各企業ともに財務報告への信頼度を高めることが出来ますが、 一方で膨大なコスト負担が生じることの経営への影響が懸念されています。

先行して導入しているアメリカでは、財務体力に乏しい企業が株式公開を止めて、 非公開企業に戻るという事例もあります。

日本版SOX法の導入にあたっては、負担するコストをいかに抑えて運用していくかということが課題となっています。
それに伴い、ITベンダー各社では、業務ソフトやシステムにおける対応の取り組みが始まっており、今後競争が 激化していくものと考えられます。

そこで弊社は本格導入前に

サービスを御用意いたしました。

コストはどれだけかかるのか?
時間は?
組織は? ・・・・

弊社では、その様な企業の不安を少しでも解消するために、
「SOX対策事前診断」(SOX Pre-Assesment) サービスを提供いたします。

内容は診断を受けた企業対して
・日本版SOX法導入時に最低限手を打たなければならない項目を6分類化
・抽出された項目に対しての解決方法
・コスト ・時間の目安

等々

弊社が培ってきたインダストリー毎のベンチマークに照らし合わせながらレポートいたします。